カテゴリー別アーカイブ: 未分類

初夏の山の花たち

Img_1503Img_1512Img_1468Img_1469Img_1474Img_1480Img_1481Img_1484Img_1520初夏の山の花たち

春にめざめた山の花たちがうたいだす
はじめは小さい声であっちこっちでうたいだす
みみをすませばもう夏ははじまっている
たちどまってみつめればもう夏ははじまっている

山の藤がむらさきに山を染めるころ
いっせいにかえるたちがうたいだす
かじかがえるの大合唱
うたごえは山の花たちと風になる

むかしわたしは、百草園の近くに住んでいた
そのころは沢にはサワガニがいたし
近くの林にはたくさんキジが住んでいた
その林にはエゴノキのでっかいのが並んでた
こっちに引越すとき小さなエゴノキの苗をもってきた
あの自然とつながっていたかった
わたしの庭に植えたそのエゴノキは大木になり
毎年おびただしい数の白い花が咲く
その花の多さといったら地面に散ると雪のようになる
さくらとはちがった美しさ
野生のちからを秘めた美しさ
このエゴノキはわたしより賢いのではとときどき思う

「山の精霊に会う」

日本カモシカ3Img_1497日本カモシカ2Img_1498日本カモシカ1Img_1499「山の精霊に会う」

山に行くと必ず立ち寄る場所がある
そこはわたしにとって神聖な場所
そこはわたしにとってのパワースポット
「山の妖精」のエネルギーを感じるところ

ここは季節がながれるにつれ常に変化する
それはわたしの空間の音楽
光と色と音と風のメロディー

そこで「山の精霊」に出会った
見上げているとそれは高いところからとつぜん現れた
どうどうと舞台に登場するように
わたしの正面ずっと高い崖の上
「山の精霊」はまるであつらえたような台座に立ってじっとこちらを見ている
こちらもじっと見ている
7、8分
見つめあって何かを交信した

「山の精霊」は急な崖をすらすらと登りはじめる
またこちらを見た
わたしは大きく右手を振ってあいさつをした
また会おうね
また会おうね
また会おうね
約束だよ
約束だよ
約束だよ

「山の妖精」がわたしのことを「山の精霊」に話したにちがいないと思った

みなは「山の精霊」を「日本カモシカ」と呼ぶらしい

山のさくら

bImg_1448bImg_1446bImg_1434bImg_1430山のさくら

ふもとのさくらは葉ざくらに輝いている
さくらの下にはもう人がいない
春のかぜがふらふらとふくらんでゆき
ツツジ、シャクナゲ、さつき、花しょうぶとうつりゆく春

山の奥では今やさくらがまっさかり
山のさくらはふもとのさくらよりさくら色
雪どけみずがとびはねる渓流とおはなししてる
さらさらと春かぜが山の冬を終わらせた

こちらのみずうみは春の水であふれそう
春のひかりの中鏡のようにしずまって
小さな山のさくらをいだくように映してる
しとやかなつつましきちいさなさくら
年に一度しか会えないさくら
さくらさくらさくら
あなたはわたしの胸につきささる

2018 春のあしおと

Img_1417Img_14192018 春のあしおと

春のひかりの中
どっさりつもった雪が雨のように溶けて
なごりの雪がさよならのあいさつをしている

そこここにはフキノトウ
雪どけ水にひかりかがやき
うぶごえでこんにちわのあいさつをしている

空がこんなに高くなり
森のくうきには鳥のこえ
木々の小さな葉っぱの芽はいまにもうたいだしそうだ

みずうみの向こうには山桜
ほんのり白くほんのりさくらいろ
雪どけ水をあつめて元気いっぱいのみずうみ

なごりの雪よ
なごりの雪よ
ありがとう
なごりの雪よ
ありがとう
また来年もあおうね
約束だよ

乾門開放で花見です

IMG_0407IMG_0406IMG_0413IMG_0407IMG_0425

 

 

 

 

 

 

 

3月24日皇居乾門が一般に特別解放され、花見を楽しんできました。       期間は4月1日までですので、時間の取れる人は一度行ってみてください。千鳥ヶ淵もきれいに咲き誇っておりました。

2018冬の終わりに

Img_1407Img_1408Img_1403Img_14092018冬の終わりに

『雪解けのさわみずひかり山かぜのことしはじめのフキノトウかな』

冬がおわってしまうよ
冬がおわっていまうよ
冬がどっかにいって春になっちゃうよ
あっちこっちでつららがどさりと落ちるよ
涙をながしながらつららが落ちるよ

冬がおわってしまうよ
冬がおわってしまうよ
雪の色を灰色にして春がやってくるよ

というわけで、わたしの美しい冬景色が溶けてゆきます。

冬が去ってゆくのは寂しい
ぼんやりした春はあんまり好きじゃない
乾燥したシャープな空気の冬がなごりおしい

でも、雪解け沢のほとり
今年はじめてフキノトウを見つけてほっとした気分。